おすすめ時短ワザ

妊婦の天敵!「妊娠線」の予防対策

投稿日:

妊娠が判明すると、喜びと同時に不安な気持ちを抱えるママさんはとっても多いですよね。

お腹に宿った赤ちゃんのために、やるべきことは沢山あるけれど‥

同時にママの身体のケアも大事!少しずつ膨らんでくるお腹に愛着がわきつつも、気になるのが「妊娠線」です。

お腹の真ん中にくっくり線ができたり、わき腹にスイカ柄のような線ができたり‥一度出来ると、産後も元に戻らないのも特徴です。

そこで、妊婦中のママさん必見!妊娠線の予防や対処法をまとめてみました。

 

妊娠線ができにくいカラダを作る

対策① 適正体重を超えない!

赤ちゃんの栄養のためとはいえ、適正体重オーバーはリスクも大!

肥満による難産、妊娠中毒症はもちろん、お腹が大きくなる分、妊娠線もできやすくなります。

医師の指導のもと体重管理を行い、必要以上に皮膚を引き延ばさないようにしましょう。

 

対策② 軽い有酸素運動がおすすめ

妊娠中は摂取エネルギーを消費しにくくなるので、太りやすくなりがち!

なので、安定期にはいり医師の許可がでたら、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を取り入れるのがおすすめです。

目安は、心拍数が130bpm前後の運動を20分程度つづけること。

ちなみに・・妊婦時の適度な運動は、赤ちゃんの脳の成長を促進するとの説もあるので一石二鳥ですよ!

 

対策③ タンパク質・ビタミンを摂取

妊婦の栄養不足は、母体や赤ちゃんの健康はもちろん、妊娠線予防にも影響があります。

とくに、コラーゲンの元となるたんぱく質や、皮膚を健康に保つビタミン類は意識的にとっておきましょう!

 

女性100人の声から生まれたマタニティクリーム mitete

妊娠線予防にさまざまな対策をしてみたけれど、それでも不安‥という方にはコチラの妊娠線の予防に効果的と言われているマタニティクリームがおススメです!

「mitete」のマタニティクリームは数多くの雑誌にとりあげられています!

さらに、楽天ランキングは第一位、平均評価4.1点と先輩ママたちに大好評のマタニティークリームなんです。

 

miteteの美容成分

miteteに含まれる主な美容成分をご紹介します。

葉酸

葉酸は、妊婦さんに不足しがちな栄養素として有名ですが、スキンケアにも効果を発揮。

肌にぬると細胞の再生を促し新陳代謝を助けてくれるんです!

 

ライマメ種子エキス、ダーマクロレラ

どちらも肌をなめらかにする潤い成分です。

ライマメ種子エキスは、ライ豆というインゲン豆の一種から抽出したエキス。

高い保湿効果があり、妊娠線の最大の敵、乾燥から肌を守ります。

ダーマクロレラは、葉緑素を含む藻の一種。

クロレラの細胞は人のおよそ倍の速さで分裂するため、新陳代謝を促したりリンパの働きを活発にする作用があり、妊娠線予防効果が期待できます。

 

アラントイン

こちらは穀物の胚芽などに含まれる成分。

傷の回復の促進や、ひびの出来た肌ケアなどに効果が期待できます。

 

 

まとめ

妊娠線ができやすいのは、お腹が膨らみはじめる妊娠5ヶ月あたりから!

妊娠線予防対策にあわせて、クリームを塗る習慣をつければ、肌の負荷にも耐えられるはずです。

ママのボディケアをしながら、妊婦生活を楽しんで下さいね。

 

-おすすめ時短ワザ

Copyright© スマイルママの子育てアドバイス , 2020 All Rights Reserved.